FAXのレンタル料金の相場

相場を知って賢くレンタルしよう

レンタルとリースの違い

短期間でもOK

レンタルFAXの大きな利点の1つは、やはり短期間での使用が可能であるという点です。
オフィスで利用するとはいえ、あまり長期間使用しない場合は経費がかさむだけで、経営する側としても悩みの種になってしまいます。
リースは長期間での契約が前提ですから、短期間の契約の場合はレンタルの方がおすすめです。
例えば、イベント会場でのチラシ用、学習塾の講習期間中のみの使用など、その活用方法は多岐に渡ります。
いつもFAXが必要という訳では無い場合は、レンタルの方がお得ということですね。

短期間というのは、もちろん企業にもよりますが基本的に数日から3年程と、こちらのニーズに合わせて期間を選ぶことができます。
ぜひ、様々な会社を比べてみて下さい。

手軽さが人気

もう1つ大きなメリットは、途中で契約を解約できるということです。
リースの場合原則として中途解約はできません。
丸々一年使わないときがある場合、解約できないため置いておかざるをえず、スペースをとってしまいます。
それに比べてレンタルの場合は、企業によっては違約金無しでいつでも契約を解除できます。
思ったよりも使わなかったが、まだレンタル期間があるというときには、解約できるかどうかが大切になってくるかと思います。
きちんと最初の契約時に確認しておきましょう。

また、FAXをレンタルする際の審査が基本的に不必要であることも嬉しいところ。
すぐに使いたいのに手続きが面倒だと困ってしまいますよね。

この2点から分かるように、レンタルの場合はリースに比べてずっと手軽にFAXを導入できるのです。


この記事をシェアする